パンダのパンだ

食べたり、歩いたり、また食べたりするブログです。クリームパンとあんぱんが好きです。

今日のおやつはマリオデザートの柚子ジュレ【広島みやげ】

暑くなると、クマは冷たいお菓子が食べたくなります。ついこの前まで、干し芋だの焼き栗だのゆであずきを食べたいだの言っていたくせにね(´ー`)

今日も広島はいい天気☀

なので、今日のクマのおやつはマリオデザートの柚子ジュレです。www.sanmario.com

f:id:yukonoguchi:20180515110622j:plain

このまま食べてもいいけど、お皿に出してみました。

f:id:yukonoguchi:20180515110755j:plain

うん、こっちの方がおいしそう(´艸`*)

 

では、さっそくいただきます。

 

柚子の酸味と苦みが効いていて、甘すぎない。今の気分にぴったりの、さっぱりとしたゼリーです。ただ、ゼリーの食感がクマの好みじゃないかな。クマはつるんとしていて、ある程度弾力・噛みごたえがあるゼリーが好きなのですが、この柚子ジュレは、「もろもろ」というか、口に入れた瞬間噛む前から細かく崩れるようなゼリーです。もう少し弾力が欲しかった(´・ω・`)味は好きだっただけに残念です。

ただ、弾力がないし勢いで喉に詰まるようなゼリーではないから、ご高齢の方や小さなお子様には食べやすいかもしれません。

 

このおやつの後、ブログを書く前にもう一つあった柚子ジュレを、試しに30分くらい冷凍庫で凍らせて食べてみました。中心までは凍らず、表面だけ凍らせる程度……こうすると表面はシャーベット状にシャリシャリに、中心部分はゼリーのみずみずしさが残っていて、とてもおいしかったです。

 

「翔ぶが如く」を読み終えて、今度は「関ケ原」を読み始めました。戦国時代の小説を無性に読みたくなったので。「関ケ原」は司馬遼太郎の中でもクマが一番好きで、一番多く読んできた小説。何度読んでもおもしろいし、毎回新たな発見があります。もう5回は読んだと思うのですが、今回もワクワクしながらページをめくっています。「関ケ原」を読んだらいつも「城塞」→「国盗り物語」→「功名が辻」と司馬遼太郎ワールドが止まらなくなってしまうのですが、今回も多分そう(;´∀`)今年は司馬遼太郎の一年になりそうです。