パンダのパンだ

食べたり、歩いたり、また食べたりするブログです。クリームパンとあんぱんが好きです。

今日のおやつはやまだ屋の桐葉菓【広島みやげ】【宮島みやげ】

今日のおやつはやまだ屋の桐葉菓です。

f:id:yukonoguchi:20180116150612j:plain

やまだ屋は宮島の和菓子屋さんで、昭和7年創業の老舗です。もみじ饅頭が有名ですが、この桐葉菓もとてもおいしいのです。

momiji-yamadaya.co.jp

桐葉菓は1個137キロカロリー、やまだ屋のお店で購入すると1個120円(税込み)でした。私は広島ビルASSE店のやまだ屋で買いました。

f:id:yukonoguchi:20180116150904j:plain

桐葉菓は四角いお饅頭です。お饅頭で四角ってめずらしいですよね。きんつばや羊羹なら四角もあるけれど。

桐葉菓は、やまだ屋さんが上田宗箇流の家元から、流儀にちなんだおみやげお菓子を開発してほしいという相談を受けたことがきっかけで開発されたお菓子です。最初は丸型のお饅頭だったのですが、上田宗箇流の家元の提案で座布団をイメージした四角の形になったそうです。元々は、やまだ屋の社長が高校時代に上田宗箇流の茶道同好会に所属していたことが縁だった、とか。

桐葉菓の表の焼き印は上田家が豊臣秀吉から拝領した家紋「陰上田桐」、これを受けて、お菓子の名前も「桐葉菓(とうようか)」になったのですね。

余談ですが、上田宗箇こと上田重康は、安土桃山時代の武将・茶人で、賤ヶ岳の戦いの功で大名になりました。広島の縮景園を作庭したのも上田宗箇です。

f:id:yukonoguchi:20180116151510j:plain

言われてみれば、座布団に見えてきますね(´艸`*)

f:id:yukonoguchi:20180116151915j:plain

四角いお饅頭の中はつぶあんです。お饅頭の中にぎっしり詰まっていますね。

 

ではいただきます。

 

もちもちの生地はほんのり甘く、中のつぶあんも上品な甘さです。もみじまんじゅうのつぶあんよりも甘さがひかえめに感じます。たしかに、抹茶と合いそうです。でも今日のおともはココア(笑)ココアとも合いますよ。寒いと、お菓子だけでなく飲み物も甘くしたくなります。

桐葉菓は、先日食べた阿闍梨餅に似ている気がします。お饅頭の生地の半生感といい、中のつぶあんといい、ね。それに生もみじとも似ていますね。あれももちもちのお饅頭です。最近は、お饅頭でもこういうもちもちした生地が人気なのかな。

 

ごちそうさまでした。

とてもおいしいお饅頭でした。また買います。

 

やまだ屋というと、どうしてももみじ饅頭のイメージが強いです。もちろんもみじ饅頭は間違いなくおいしいですが、桐葉菓もとてもおいしいお菓子です。もみじ饅頭に飽きたときはもちろん、広島旅行のお土産や手土産にも最適なお菓子!ぜひご賞味あれ(´▽`*)

 
広島土産 やまだ屋 桐葉菓(とうようか)15個入 ザ・広島ブランド認定