パンダのパンだ

食べたり、歩いたり、また食べたりするブログです。クリームパンとあんぱんが好きです。

今日のおやつは安芸れもん【平安堂梅坪】【広島みやげ】

今日のおやつは平安堂梅坪の安芸れもんです。

f:id:yukonoguchi:20171216164813j:plain

安芸れもんは1個110円(バラ売り、外税)でした。

www.umetsubo.com

f:id:yukonoguchi:20171216165257j:plain

丸いお饅頭です。

f:id:yukonoguchi:20171216165604j:plain

半分に割ると、

f:id:yukonoguchi:20171216165700j:plain

お饅頭の生地はバターとミルクが練り込んであるそうです。

お饅頭にはレモン果汁とレモンピールを練りこんだ白あんが入っています。

 

ではいただきます。

 

しっとりした生地のお饅頭です。優しい味ですね。洋風のお饅頭です。四国銘菓の母恵夢に似ている気がする。

白あんにはレモンの風味がしっかりついています。さわやかで、後味もすっきりです。ただ、はっさくではなくレモンなので、ほろ苦さはありません。最後の最後に口の中に残るのはレモンのさわやかな甘さです。

あと、白あんには小さく刻んだレモンピールが入っていて、やわらかいお饅頭のよいアクセントになっていました。レモンピールをかんだときは、ちょっとだけ苦みがありました。私は柑橘の苦みが好きなので、レモンピール入りの白あんはとても気に入りました。

 

「広島のお菓子でなぜレモン?」と思った方もいるかもしれませんね。安芸れもんに使用されているレモンは瀬戸内産のレモンなのです。実は広島はレモンが有名です。

 

広島の特産品というと、牡蠣が一番有名ですが、広島県はレモンの生産量も日本一です。広島にレモンのイメージはあまりないかなあ、でも最近は広島レモンや瀬戸田レモンというブランドで有名になってきた気がします。有名になってきた分、レモン果汁の需要が増えたのかな、最近は広島のスーパーで安売りの広島レモンを見かけなくなりました。以前は傷がついたり色が悪いレモンが安売りされていたのに(´・ω・`)ちなみに瀬戸田というのは、尾道市の町、町というか島です。

瀬戸内海の温暖で降水量が少ないレモンの栽培に向いているそうです。

広島のレモンは防腐剤や防かび剤不使用なので、皮ごと食べることができます。レモンピールが好きな方や、輪切りにしたレモンを紅茶に浮かべたい方に広島のレモンはおすすめです。

 

ということで、今日のおやつは平安堂梅坪の安芸れもんでした。

広島のレモンを味わうことができる安芸れもんは広島みやげによいですね。広島はもみじ饅頭だけじゃないんだぞ(笑)2回目以降の広島みやげには平安堂梅坪の安芸れもんをぜひ。初めての広島みやげには、やっぱりTHE定番のもみじ饅頭がよいと思うので(^^;)


【酪菓 安芸れもん】《10個入り》
 

 

温暖という瀬戸内海ですが、この冬はとても寒いです。

このまま年末まで寒さが続くのかな(´・ω・`)冬眠したくなります。