パンダのパンだ

食べたり、歩いたり、また食べたりするブログです。クリームパンとあんぱんが好きです。

今日のおやつはぴーなっつ最中【なごみの米屋・千葉みやげ・成田山新勝寺】

今日のおやつはなごみ米屋さんのぴーなっつ最中です。

f:id:yukonoguchi:20171215230358j:plain

めっちゃかわいい( *´艸`)母がそごう広島で買ってきてくれました。

なごみの米屋さんのぴーなっつ最中は1個108円(税込み)、132キロカロリーです。

www.nagomi-yoneya.co.jp

千葉県成田市の和菓子屋さんです。

創業は明治32年、「成田のお不動様」で有名な大本成田山新勝寺の表参道にある和菓子屋さんだそうです。羊羹が有名なんですね。公式HPを見てみると、おいしそうな羊羹がずらり(´艸`*)あと「成田羊羹資料館」という気になる情報もありました。羊羹資料館……世の中にそんな資料館があったとは(゚д゚)!知りませんでした。

とてもかわいいぴーなっつ最中ですが、食べるときには

f:id:yukonoguchi:20171215231513j:plain

顔がなくなった(-_-;)まあ、これは仕方ないです。それに顔はなくても、形はちゃんとぴーなっつです。最中にもぴーなっつの模様が!芸が細かいですね。

f:id:yukonoguchi:20171215232124j:plain

近づくとますますピーナッツ。模様だけじゃなくて、最中の丸みもピーナッツそのままです。

そうそう、成田ということで、下は飛行機柄にしてみました。そういえば、成田といえば空港とならんで、ピーナッツも有名ですね。ああ、だからぴーなっつ最中なのか(゚д゚)!今、気が付きました。

ぴーなっつ最中を半分に割ると、

f:id:yukonoguchi:20171215232220j:plain

ねっとりしたあんこです。

普通のあんこのように見えますが、白あんにピーナッツ甘煮が練り込まれています。このねっとり感はピーナッツなのかな。

では、元に戻して、と。

f:id:yukonoguchi:20171215232439j:plain

はい、これで元通り。けっこうきれいに元に戻せました。

では、いただきます。

 

最中はさくさくしておいしいです。

あんこがねっとりしているから、最中がしっけないのかな。

あんこにはピーナッツの香ばしさがあっておいしいです。でも、思ったほどはピーナッツ感はないかな。「あんこ+ピーナッツバター」のような味を想像していたので(あんことピーナッツバターを一緒に食べたことはありませんがなんとなく、ね。あんことバターの組み合わせはおいしいから、その延長線上であんことピーナッツバターもさぞやおいしかろうな、と)。

ただ、ピーナッツってけっこう主張のあるナッツだから、このくらい控えめな方が最中や和菓子には合うかもしれませんね。

とてもおいしかったです。それにとてもかわいい( *´艸`)目でも楽しめるお菓子でした。

 

そういえば、最中って冬が旬なんですよね。冬は空気が乾燥しているから最中がしっけない。さくさくの最中を食べることができるそうです。そっかあ、最中は冬が一番おいしいのか……この冬は、色々なお店の最中を食べてみようかな。


なごみの米屋 ぴーなっつ最中 12個詰